So-net無料ブログ作成
検索選択
発達障害 ブログトップ
前の10件 | -

「発達障害を理解する?」 (本当はより相手を理解する心が大切!) [発達障害]

「発達障害を理解する?」
(本当はより相手を理解する心が大切!)

その意味でも、ICTを使うべき・・・。

http://news.livedoor.com/article/detail/12897748/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多角的なICT教材を目指して!」(その291) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その291)
(5月3日開催決定!)

5月3日で行われる
「広島フラワーフェスティバル」の
 関連として「ひろしま人材バンク」の行事決定!

「広島市まちづくり市民交流プラザ」の一角を借りて
「個性を活かした教育!」をテーマに発表展示など
 以下の発表や相談会を行います。
 これらに関心をお持ちの方は
 是非ご来場ください。

・療育ソフトの紹介
・発達障害児のためのICT教材ソフトの紹介
・発達障害に悩まれているお母さん方への相談コーナー
・放課後ディサービス施設などへの相談コーナー

「ICT教材」のサンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多角的なICT教材を目指して!」(その285) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その285)
(発達障害を個性の一つと考えよう!)

発達障害を、一般の子供たちと同じように考えると
いろんな問題や悩みが出て来ます。

でも見方を考えれば、
外国の人と同じように対応すれば優しくなれる。

そして何より、物事を徹底して行える集中力や
研究熱心さには他の人が出来ない様な素晴らしさがある。

日本人なら、ウルトラマンや孫悟空の様に、
マントも羽根もないのに、
空中を飛べるという発想が出来るなら、
発達障害の人達にも新しい対応を見つけ出せるのでは
ないでしょうか。

水の側面から物体が自由に出て来ても、
変だとは思わないでしょう・・・?

「ICT教材」のサンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24 00.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「多角的なICT教材を目指して!」(その280) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その280)
「発達障害児を持つお母さんの悩みと対応策」
「正しい接し方についての講演」
ひろしま情報a-ネット

発達障害児への理解を促し、
お母さん方の悩みを軽くする活動

「多角的なICT教材を目指して!」というタイトルは、
こんな活動の意味も含んでいます。

「子育てリンクス」の活動広島での活動も紹介されています。

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/anet/koushi/archives/post-123.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多角的なICT教材を目指して!」(その278) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その278)
「障害を持った人達のためにICTを使うべきではないか?」

ICT教材と言っても一般の生徒だけのモノじゃない。
「多角的なICT教材を目指して!」というタイトルは、
紛れもなく、多くの人達を対象としている。

発達障害の子供たちは、文字を読む事が難しい子がいる。
だから、あえて問題文を出来るだけ表示しないように作る。
身体障碍者の人達のために「補助器具」があるとするなら、
発達障害の子供たちに対して「ICT教材」があえて
教材としての「補助器具」になるべきではないでしょうか。

僕は、そんな気持ちで「ICT教材」を研究開発しています。
どうぞ、ご理解の程宜しくお願い致します。

「ICT教材」のサンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多角的なICT教材を目指して!」(その274) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その274)

「イベントのご紹介」
広島で5月に行われる「フラワーフェスティバル」の
一環として「個性を活かした教育!」というテーマで
発達障害児を持っておられるお母さん方の悩みや教育に
対する考え方、それに伴うICT教育ソフトのご紹介
等をさせて頂ける事になりそうです。

予定としては5月3日が有効です。
良かったら見に来てください。

なお、放課後等デイサービスの施設へのアドバイス等
もする予定にしておりますので、関係者の方で悩みを
お持ちの方は、是非ご相談頂ければと思います。

追伸
今週作り始めたキャラクターの前髪が凄く難しく
停滞気味でありますが、何とかしたいと思います。
(かな・・・?)

「ICT教材」のサンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「発達障害の人のための顔認識ソフト」 [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その262)
(発達障害の人のための顔認識ソフト)

早速、「Poser7」で表情編集出来るのかを確認しました。
Win10でも動きました。

日本人の顔を作るのに手間が掛かりそうですが、
表情変換するのは、非常に簡単でした。

でも、日本人の顔を作るのって大変かも・・・?

サンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「多角的なICT教材を目指して!」(その261) [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その261)
(発達障害の人のための顔認識ソフト)

やっぱりそうだったのか・・・?
発達障害の人は、自分のルールの中で相手の表情を
判断しているという事を今日再確認させられました。

今まで感覚では分かっていた事を実際に教えて頂いて
改めて「顔認識の練習ソフト」が必要であると思いました。

ただ、このソフトを作ろうとすると漫画の表情では
役に立たないので、実際の人のサンプルが必要になる。
しかし、個人情報の観点からそれは難しい・・・。

そこで写真編集の「コラージュ機能」を使うのか?
3DCGの「ヒューマンサンプル」を改良するのか?

どちらの方が良いんでしょうねぇ・・・?
宜しければ、ご意見をお聞かせください。

サンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「発達障害の子供たちにも理解出来る教材のヒント!」 [発達障害]

「多角的なICT教材を目指して!」(その258)

「発達障害の子供たちにも理解出来る教材のヒント!」

先日、広島市川内小学校で行われた講演会で
そのヒントを見つける事が出来た。

それが今作っている「ICT教材」が
正しい方向にある事も確認できた。

つまりその答えは、
「シンプル イズ ベスト!」

一般のデジタル教材では、
これらの子供たちに、ある意味理解を妨げる原因が
含まれている事を確信した!

「ICTを使えば全ての生徒が理解する訳ではない!」
「ICTは道具に過ぎない事をもっと理解すべき!」
僕にとっては、これら事を改めて痛感させられる
講演となった・・・。

サンプル版は、以下の所で公開中!
http://ictkyouzai.netcommons.ac/htdocs/?page_id=24
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとびっくり!「ADHDは天才病!」 [発達障害]

ひょっとビックリ!「ADHDは天才病!」

参考記事リンク
http://news.livedoor.com/article/detail/12605516/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 発達障害 ブログトップ